イメージはいつでも 雨のち晴れ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
山代温泉へ
先週、1泊2日で友人と二人で山代温泉へ行ってきました  

 

いつもより早起きして、大阪駅からサンダーバードで。
滋賀北部や福井は結構な積雪だったけど、山代温泉エリアはほとんど雪が無くて拍子抜け。

宿に荷物を預け、初日は山代温泉市街をのんびり観光。



山背という小さなお蕎麦屋さんにてお昼ご飯。
器が可愛く、鰹のきいたお出汁が美味しく。



腹ごしらえした後は、近くのお寺を通り抜けて誰もいない遊歩道を散策。
廃業したらしい旅館を途中で見つけ、昼間なのに一人じゃないのに、ちょっと怖くなった。

その後、魯山人寓居跡 いろは草庵にて、お庭を眺めつつ陽のあたる場所でお茶と和菓子を。
他にお客さんがいなくて、施設の方が親切で、心地良かった



のんびり休憩した後は2010年オープンの古総湯へ。
こちらも係の方がすごく親切でフレンドリーな。
シャワーもカランも無い、ただ温泉に入るだけの場所だけど、時間が早すぎたのか貸切状態で極楽。

ここでもダラダラと過ごし、六方焼を食べ、土産物屋を覗き、香り高い加賀棒茶を買い、抹茶ソフトを食べ、最後に九谷焼窯跡展示館を見学し、お宿のゆのくに天祥

お風呂が充実していて、夕食前、夕食後、朝食前、しっかり堪能。
安いプランだし高級食材なんて出てこないけど、ビール×蟹で苦しいほどに満腹。
新館じゃなくても部屋は広々綺麗だし、接客も良かったし、ここは再訪したいです

2日目は雨の中金沢へ。
駅の観光案内所で傘のフリー貸出をしていて助かりました。



兼六園へ行ってみたけれど、それほど雪も無く、何より雨だったのでテンションが上がらず
ぐるっと歩き、園内の時雨亭でお茶と和菓子をいただいて撤退。
近江町市場でお昼に海鮮丼を食べ、駅構内で土産のお菓子を色々と調達し、最後に和カフェで休憩して電車で帰路へ。



電車と宿だけ押さえ、ガイド本も持たずにノープランだったので、行き当たりばったりな感じだったけど。
沢山食べて、沢山お湯に入って、人の良さを感じながら、ゆる〜く満喫できました
温泉は気持ちイイし、金沢は京都ほど混んでなくて雰囲気良いし、絶対また遊びに行こう
内旅 comments(2) -
瀬戸内国際芸術祭2010: 女木島&男木島

曇天の2日目は朝からセルフのかけうどんを食べ、7:50の臨時便フェリーで女木島へ。



島の港からバスに乗って山を登り、鬼ヶ島大洞窟に。
暗いこの中には、ワイヤー製の彫刻が吊るされる形で展示されていて、怖いけど綺麗だった。
にしてもあの話、桃太郎は鬼を退治したのではなく鬼と和解したんだろうか。

 

洞窟を出た後、展望台から見た景色は霞んでいたものの、穏やかで良かったです



再びバスで山道を戻り、福武ハウス2010へ。
現在は使われていない女木小学校の各教室と中庭を利用した作品展示。面白いと思えるものもあったし、よく分からないものもあった。
そしてLeandro Erlich『不在の存在』を最後に。
体験型で楽しめるし、ライブラリー空間の書籍も好みの系統で良かった。

次のフェリーの時間が迫っていたので、そこから港までダッシュ。
船のようなグランドピアノとカモメの風見鶏は写真だけで、鑑賞の余裕無し。

 

フェリーで約20分、次は男木島へ。

 

港にあるJaume Plensaによるコミュニティホール的空間、Ogijima's Soulは印象的。この人の作品をもっと見て見たい

 

無人販売で見つけた和三盆糖を利用して作られたプリンを食べ、海を眺めれる場所でフライドチキンを食べ。

 

時間が足りず、小走りで気になる場所を見て回る。細い坂道にプチ探検気分、テンションが上がる。

 

女木島より男木島の方が良かったなぁ。もっとのんびり過ごしたかった。

最後にたこ飯を買って、再びフェリーで高松港へ戻って、雨が降り始めて、醤油うどんを食べて、お土産を買って、抽選券を貰って、ガラガラで蛍光ペンを当てて、慌ただしく15時発の高速バスに駆け込んで帰宅。

駆け足だったけれど、1泊2日満喫しました
今まで知らなかったアーティストを知ることができたし、景色も良かったし、発想に驚かされることが多くて楽しかった。
もっとそれぞれの島でゆっくりできたら良かったな。
芸術祭とは関係無しに、瀬戸内の島をもっと巡りたくなったぞー

内旅 comments(0) -
瀬戸内国際芸術祭2010: 豊島

週末1泊2日、同期友達と瀬戸内国際芸術祭2010へ行ってきました  

朝一番の高速バスで3時間半、高松へ。
携帯で見る混雑状況にドキドキしつつ、バスを降り荷物を持ったまま一直線に港へ走ったのに、狙っていた時間の豊島行き高速船の乗車整理券は私達の前の人で配布終了。
結局30分後の臨時便に乗れたけど、本当に人が多くてビビった



ということで、1日目は豊島だけを巡りました。

港から無料の循環バスに乗り、今回一番行きたかった豊島美術館の入場整理券を取りに。
4時間後の16:15〜の整理券をギリギリ確保した後は、Christian Boltanski『心臓音のアーカイブ』へ。
世界中で集められた心臓音が聴ける部屋、心臓音に合わせて真っ暗な中で電球が点滅する部屋、自分の心臓音を採録してくれる部屋。ちょっと怖かったけど、印象強い。

14:00〜の分に名前を書いておいた島キッチンは、全然順番が回って来ない雰囲気だったので諦めて近くの地元商店へ。

 

おはぎを買ったら、店のおばあちゃんが「中で食べたらどう?」と言って折り畳み椅子を持ってきてくれた。
海が見える所で食べたい気もしたけれど、せっかくなので店内でいただいた。後から来た客と目が合うと若干微妙だったけれど、このお店の方をはじめ、島の人は皆すごく親切だった。

その後、近くにある『ストーム・ハウス』へ。古い民家で約10分間、嵐が来て過ぎ去るまでを体感。
あとは、展示されていた将来プロジェクトもしっかりチェック。廃船を集めてもう一つの島をつくる…ってのは是非実現して欲しいな。

 

明神池を利用してつくられた作品『Teshima Sense』の前のベンチは居心地が良い。
のんびり喋りながら、景色を見ながら、最後は真っ白な豊島美術館へ。
 
10/17にopenしたばかりで、西沢立衛氏×内藤礼さんのコラボ。
ガイド本を見てもイマイチ想像が付かず、どんな作品なんだろう?ってワクワクしてたけど、これは面白かったです
こんなに真剣に水滴を見たこと、今まで無かった。自分達だけで鑑賞するより係員の人に説明してもらったり、質問したりする方が分かって良かったです。



ここ、気にいった

豊島美術館を出た後は、最終の高松行き船を目指してバスで港へ。
が、人が多くて乗れず、次の臨時便にも乗れず、1時間以上桟橋付近で待って臨時の臨時便で高松へ戻り、天麩羅うどんで温まり、駅近くのホテルにチェックインして爆睡。

あまり多くの作品は見れなかったけれど、満足な1日でした

内旅 comments(0) -
秋の富士河口湖
1泊2日、妹&祖母と3人で山梨の河口湖へ行ってきました

11/13(金)
雨こそ降らなかったものの終日天気は悪く、気温は低く。
どんよりした雲のお陰で富士山は見えず、そもそもどっちの方向にあるのかも分からず。

 

ちょうど河口湖北では紅葉まつりを開催中で、夕方からはライトアップもあり。
今回これに合わせて行ったのです。
日中別のエリアでも紅葉を見たけれど、ここの紅葉回廊が一番良かったかな。
屋台であったかい物を買い食いしつつお土産物屋を覗きつつウロウロ。

今回泊った宿、広い部屋は改装されて綺麗だったし、温泉もまぁ快適だったけど、食事が驚くほどショボかった。
宿選びの際は食事もちゃんとチェックしなきゃな。やっぱり値段に比例するもんだな。
お菓子いっぱい買って行ってて良かった。

11/14(土)
朝から雨。風が強くて外に出ることすら嫌になってしまうほど。
足元に散った紅葉は綺麗だった。

 

屋内で過ごすべくUKAI河口湖オルゴールの森へ。
思ったより敷地が広く、チェコからの弦楽四重奏団のコンサートもあり、ゆっくり過ごせる場所でした。
昼前に外へ出てみると…意外にも雨はすっかり止んでいて。



青空が見れるなんて思ってなかった。
全景は見えなかったけど富士山も徐々に姿を現し、やっと位置を確認できた。
気温も上がって上着不要。



流れる雲の影が山肌に映ってなかなか綺麗でした。
富士山は真後ろにあって上手く写真を撮れず。
のんびりした2日目の午後が一番良かったかも。

今回の旅行は天候のせいで全体的にはイマイチでした。 
富士山×紅葉を見たかったので…。
それでも、妹&祖母の3人で初めて一緒に出かけ、いっぱい喋って歩いて新しい景色を見て、良いリフレッシュになりました

またいつか、このエリアはリベンジしたいです
内旅 comments(3) -
2泊3日 大阪&京都
東京にいる高校時代の友達が遊びに来てくれ、一緒に梅田に2泊して遊びました

8/15(土)
朝から難波へ。
早速BAGEL&BAGELにて喋る喋る。喋るのが再会の目的、とも言えるほど。

昼は吉本新喜劇を観に行きました。初めてです。
一番近い時間帯のチケットが完売だったけど、1階席のチケットが余っている…という方に格安で譲ってもらえ、うまく見ることができました。
お笑い芸人はほとんど知らないけれど、知らなくても楽しめて良かった◎

夕方はユニバーサルシティウォークに移動してたこ焼きミュージアムへ。

 

甲賀流十八番のたこ焼きを食べました。美味い。
お土産に駄菓子。たこ焼味のうまい棒10本、マヨネーズ味のマヨたこフライ、たこ焼味のなげわ、のセット。

USJに入るにはちょっと遅いかな…という時間だったので、ぶらぶらした後はHard Rock Cafeにてダラダラ飲んで喋ってちょっと食べて。
早目にホテルに戻ってゴロゴロしながら、また延々喋って就寝。

8/16(日)
無計画ながらも昼前から京都へ向かい、まずは京都最古の禅寺、建仁寺へ。

 

私たちが行った時間帯はちょうど人が少なくて、快適に見て回れました。

 

創建800年を記念して7年前に描かれたという法堂の天井画は迫力アリ。
苔生す潮音庭や枯山水の庭を眺めて綺麗と思えるなんて、成長したもんだ

遅いランチは花見小路の侘家古歴堂にて。
鶏料理のお店で串焼きがすごく美味しいです
1階は落ち着いたカウンター席で、予算はランチなら3000円内。良いです。

午後はぶらぶら買い物を。私は阿闍梨餅だけ購入。大好き。
錦市場まで歩いて回り、北尾にて和スイーツ休憩。



わらび餅を注文すると、石臼を使って自分できな粉を作れるお店。
これで3度目だけど、相変わらず楽しめてます。

ちょっと涼しくなったら八坂神社まで再び歩き、美御前社でしっかり手をあわせ。
足が疲れてサンマルクで休憩しつつ、また2時間近く喋り。
20時には四条大橋へ行って五山の送り火をチラッと見物。
本当はもっと綺麗に見える場所があるんだろうけど、下調べしてなくて。せっかくなのに上手く見えなくて友達には申し訳無かった

梅田に戻り、夕飯も食べずにホテルで懐かしの熊本弁について話してかなり笑い、早目に就寝。

8/17(月)
cookhouseで朝食を取りつつ、また長々とトーク。
11時には色んなお店が開くので雑貨や洋服を見て回り、最後はE-maのカフェAberraで休憩。
そして友達を新大阪で見送って解散しました。


あっと言う間の2泊でした。
前に私たちが会ったのは社会人になったばかりの頃、東京で。
あの頃は新社会人として初々しさがちょっとあったし学生気分が抜けてなかった。
今回は懐かしい話もしつつ、仕事、恋愛、結婚…の話が中心で。こんな話をするようになるとは。
いっぱい喋ったけれど、まだまだ時間が足りないよー。

3日間ありがとう。次は私が東京に行くからねー
内旅 comments(6) -
倉敷×直島 day2
 2日目、宇野港からフェリーで香川の直島へ。
ずっと前に雑誌で紹介されていて、行ってみたいと思っていた場所。

車1台に人間2人で往復5360円。たった20分の距離なのに、フェリーって結構な値段なんだね。
現地でバス・徒歩・レンタサイクルという手段もあるけれど、実際車で行って快適でした。



まずは地中美術館へ。
整理券を貰って30分後にやっと説明を受けチケットを購入して中へ。
この施設全体が作品として扱われていて、靴を脱いだりスリッパに履き換えたり、美術館内でも結構な順番待ちがあり、まるでテーマパーク。
建築とかに興味がある人は好きそう。モネの愛した植物を配した地中の庭が気に入った。
面白かったけど、入館料2000円はちょっと高い気が。



続いてベネッセハウスミュージアム方面へ。
町営駐車場から海沿いを歩いて行くと、ちらほらと屋外作品が見えてきて。この南瓜はよく目立ってた。



本当に色々あって、海岸線に沿って歩けば歩くだけ面白い作品を発見できて、好き勝手に想像を膨らまして話をしながらまた先へ進んで。
屋内のアートも良かったけれど、このエリアの屋外作品が一番好きかな。

ミュージアムを見学し、最後は本村地区へ。
ここは造られた観光サイトではなく普通に島の人が暮らしているエリアに7ヵ所のArt Houseがあり、昔ながらの小さな町を、観光客が地図を片手にウロウロしてる光景は異様だった。
これだけ多くの観光客が来ると、確かに潤う部分もあるだろうけど、実際歓迎してない人もいるんじゃないかな。。

時間があまりなかったので全部は見れず、最後にポストカードを2枚だけ購入してフェリー乗り場へ。



あっという間の2日間。
私は満喫できたけど、相方はあまり興味が無い分野なので少し申し訳なかった。
これからも、もっと色んなところに出かけよう!
内旅 comments(2) -
倉敷×直島 day1

 秋のプチ旅行、1泊2日で倉敷直島へ行きました。

土曜日の朝に車で出発。
倉敷に行く前にまずは途中の閑谷学校へ。



日本最古の庶民学校として国宝に指定されてるらしいけど、こんな場所にこんな史跡があるなんて全然知らなかった。
全体的にはまだまだだけど、櫂の木が少し色付いていて綺麗だったな。
観光客は多くなく、広くてのんびりとした場所。

先へ進んで昼過ぎに倉敷へ。
昔家族で行ったらしいけど、全く何も覚えてない。



美観地区をウロウロと散策。水路沿いに並ぶお店で焼きたてのちくわやむらすずめを買って食べ歩き。天気が良くて暖かくて、観光客も多かった。
カフェで休憩した後は大原美術館へ。



ここのメインとも言えるエル・グレコの『受胎告知』はやっぱり良かった。
ちょうど自分が卒論で触れた作品でもあるし、実際に見れて嬉しかった。
他にもマティス、モネ、ゴーギャン… よくこれだけの作品を集めたなぁと思う。今まで訪れた国内美術館の中では断然上位。お薦めです。

お土産に定番のむらすずめときび団子を買って、宿へ向かう途中で瀬戸大橋を見に。



渡ったことは何度もあるけれど、橋の下をくぐったことは無いし、間近で見てみたくて。
下段を電車が走ってるなんて知らなかった。私的にここもプチ感動スポットでした。

day2へつづく…

内旅 comments(0) -
同期旅行
週末に1泊2日の同期旅行へ行ってきました。

ごく近場だけど。そして私会社辞めてるけど。
途中参加もあり最終的には男女15名で盛り上がりました。

まずは土曜日、梅田から車3台で生駒方面へドライブ
できるだけ3台一緒に走るようにしてたんだけど、途中ではぐれたり、昼食べる店を探し回ったり、ナビがあるのに道が分からなかったり…それはそれで楽しかった。
その後は、予約していた体育館で2時間バスケしたりバトミントンしたり。素直に疲れた。



宿泊はワールド牧場のコテージ。1枚しか写真撮ってないけど、ここが予想以上に良かった◎
2階にベット8つと1階に2つ、和室もあって綺麗で広々。見晴らしが良くて夜景も見れる。また行きたい。
夜はBBQをして敷地内の天然温泉へ。露天風呂もあるし、貸切り状態で快適だった。
風呂上りはみんなでTV見てカードで遊んで喋って飲んで食べて…学生の合宿みたい。すっごい楽しかった◎

日曜日はワールド牧場内でちょっと遊んで、お昼の後はROUND1ボーリング。私何年ぶりだろう。
チーム対抗でまたまた盛り上がった。
渋滞もあって解散したのは予定より遅く、あんだけ疲れを感じたのは久々だったけど、本当あっという間で充実した2日間だった。

やっぱり前の会社の同期が大好きです。
面白くて馬鹿騒ぎできて、ノリが良くて何でも言いたいことを言えて、優しくて一緒にいてすごく楽しい。
本当に最高の仲間だな。みんなほんまにアリガトウ。早くまた集合したい!
内旅 comments(0) -
黒川温泉
先週末、1泊2日で6年ぶりに熊本へ行ってきました。

雨が降り気温が低い中レンタカーで阿蘇方面へ。まずは山田牧場ジェラートを食べた。濃厚ミルク。懐かしい。
昼食にだご汁を食べて暖まってから白川水源へ。その透度に相方感激。
阿蘇パノラマラインを走り、途中の草千里で車を降りたら強風で傘が折れた。最低な天気。にしても、あの道が無料なんてすごい。
そのまま小国へ向かい、林檎の樹アップルパイを食べた。昔より店が大きくなってた。やっぱ人気なのかな。



黒川温泉に着いたら夕方だった。
夕飯前に川沿いの露天風呂へ行ったんだけど、誰も入ってなくて一人貸切。快適というより淋しくて怖かった。
本当はもっと湯巡りすべきだったんだけど、夕飯時に飲みすぎたため断念。。

翌朝に露天風呂も入ったんだけど、何故かまた誰もいなくて一人。黒川で一人風呂なんて滅多に経験できないよ。けどやっぱり一人はなんだかなぁ…。



こんな囲炉裏が色んな宿にあって、そばで風呂上りにのんびりコーヒーを飲んだり。
何気ないそれだけの時間が嬉しくて。



チェックアウト後うろうろ散策。雰囲気がすごく好き。
こじんまりした宿がいっぱいで全体的に安いので、絶対また行こう。



ミルクロードを走って熊本市内へ。
本当は凄く凄く綺麗な道なのに、天気が悪く次第に霧が濃くなって何も見えず、本当に悔しかった。

市内に入って気づいたけど、とにかくみんな走るペースが遅く車間十分で、まめに車線変更する車が少ない。平和だなぁ。
3年間通った高校や、昔住んでたエリアをうろうろした。懐かしくてテンションが上がった。
熊本城に行き、ラーメンを食べ、水前寺公園に行き、いきなり団子を食べ、空港へ。

あっという間だったけど、結構行動できたので充実してました。
やっぱり阿蘇は綺麗です。また気候・天気が良い時に遊びに行きたいな。
内旅 comments(4) -
福井。


1泊2日ノープランで福井へ行ってきました。

5/3、静岡にいる大学時代の友達と大阪で合流。
5/4、朝一番の高速バスで一緒に福井の友人宅へ。
GWで渋滞してたけど、1時間ほど到着が遅れただけで、大してひどくは無かった。

海岸沿いの道や、田んぼに囲まれた道、川沿いの堤防道、どこをドライブしてものどかで平和。
本当の日本らしい土地ってこんな場所だろうなぁって勝手に思ったり。
聞こえてくる福井弁が新鮮で面白かった。
夜は3人で布団を並べてgirl's talkをウダウダと。

5/5、高速バスが満席だったのでサンダーバードで一人大阪へ。
自由席は予想通り座れず、結局約2時間立つことに。
退屈だから窓越しに写真を撮って遊んだ。

今回、特に何をしたってわけでも無いけど、なんだかたっぷり充電できた。
これからも大学時代の友達とは連休があれば集合したいな。
今までやったことないけど、青春18切符でのんびり旅行もしてみたい。
やっぱり知らない土地に行くのって、国内外問わず好きだなぁと改めて実感しました。
内旅 comments(3) -
| 1/1 |