イメージはいつでも 雨のち晴れ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
HENRI LE SIDANER



美術館「えき」KYOTOで開催中のアンリ・ル・シダネル展 -薔薇と静寂の風景- へ行ってきました。

たまたまこのフライヤーを駅で見つけて惹かれたので。
約70点と規模は小さめだったけど、全体的に好みな雰囲気で満足。

印象派らしい柔らかなタッチで、どれも優しかった。
食卓、窓辺、庭、室内の明かりが灯った夜の窓。
暗い季節でも、暗い時間帯でも、暗い配色でも、不思議と温かみがある。
こんな暮らしができたらいいなぁ〜と思うものが多かった。
欧州を旅しながら絵を描いていたようで、グランプラスやコンコルド広場あたりの名所の絵も見れて楽しかったです

20世紀初頭に活躍したというフランスの画家。
今まで全く知らなかったけど、今回出会えて良かった。
まだまだ絵画の知識なんて無いけれど、少しずつ自分の好きなものを発見して広げていきたいな

アート comments(2) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








この美術展。
感じ良さそうだなぁって、凄く気になっていました!!

正直、全然知らない画家ですが、70点と出品数は少なくないですね。

僕も時間作って行こうっと。
from. ダイチョ | 2012/03/24 17:27 |
ダイチョさん→
同じく駅のフライヤーを見て…って感じですか?
これは出会えて良かったなぁと思う画家さんでした。
きっとダイチョさんも気に入ると思います^^
あと一週間あるし、是非☆
from. MAY | 2012/03/25 21:17 |
<< NEW | TOP | OLD>>